債務整理の手続き選択の基準トップ >>

債務整理の手続きを選択するための基準とは

債務整理の手続き選択の基準へアクセスしていただき、ありがとうございます。

債務整理の手続き選択の基準

自己破産、特定調停、あるいは個人再生、法的債務整理のうちどの方法が自分に適しているかは、いくつかの判断基準があります。

債務整理手続きのそれぞれの方法には特徴がありますから、各債務者の事情を考慮して、最適な方法を選択することが大切です。

債務整理手続きは債務者の収入や債務の大きさと適用要件から、どの債務整理手続きが選択できるのかという大まかな基準はあります。

ただし、具体的にどの債務整理を選択するかにつきましては、弁護士や司法書士などの専門家に相談の上、決めることが重要です。

収入がある場合は特定調停、任意整理、個人再生のいずれの手続きを選択することもできますが、収入がない場合は、債務整理手続きで債務の減額をしましても、返済の見通しがないということとなりますから自己破産しか選択肢がなくなります。

収入の無い人で、さらに財産も無く手続き費用を支払う資力がない場合には、自己破産手続きの同時廃止を弁護士などに相談しましょう。

債務整理には4つの方法がありますが、どの方法で債務整理をすれば良いかということは、本人が独断で決めるよりも判断基準を参考にして選択するのが良いとされています。

債務整理の手続き選択の基準記事一覧

債務整理の手続き選択の基準

選択の基準

相互リンク

当サイトについて

債務整理の手続き選択の基準をお役立てください。

ピックアップ!:収入や財産などから慎重に判断

借金はあるが、収入は安定しており、家のローンも払っているなんて人は、任意整理や個人再生といった債務整・・・